しあわせに生きるために

夫婦カウンセラーのつぶやき〜不倫・夫婦修復・別居・離婚、そして子育てから、生き方まで〜

  

        妻の不倫・夫の浮気〜夫婦再生・修復・離婚・別居に悩むあなたへ
        夫婦の不倫問題、夫が(妻が)信じられない、誰に相談していいのかわからない
        そんなあなたの思いを受け取りながら、落ち着いた存在感と安心感でゆっくり丁寧にカウンセリングをすすめていきます。

 【東京】出張カウンセリングのご案内

カウンセラー菊井ちえ子です

 

出張カウンセリングのご案内です

8月には東京での出張カウンセリングの予定をしております。

 

タイミング合う方、ぜひご検討ください。

【東京】

8月2日(水)10:30〜、13:00〜、15:00〜

8月3日(木)10:30〜、13:00〜、15:00〜

8月4日(金)10:30〜、13:00〜、15:00〜

8月5日(土)10:30〜、13:00〜、15:00〜

8月16日(水)10:30〜、13:00〜、15:00〜

8月17日(木)10:30〜、13:00〜、15:00〜

8月18日(金)10:30〜、13:00〜、15:00〜

8月19日(土)10:30〜、13:00〜、15:00〜

会場:東京都内

 

会場はすべて守秘義務の守られた安全な空間です

 

料金:90分 18,000円(出張・会場費込) 

出張カウンセリング予約はこちら

 

f:id:chie-kiku:20170531122418j:plain

夫の不倫問題に苦しんでいるという方から、ご自身の不倫問題まで・・・

誰にも言えず苦しい、なんとか現状を変えたい、

自分が不倫をしている立場だと、誰を信用していいのかわからない

こんなことで悩んでいるなんて誰にもいえない 

そんな苦しみもお聞きしています。

 

誰が良いとか悪いとか、悩みにはそんなことは問題ではないのです。

今抱えている苦しさの、根っこが何なのか・・

なぜ私はこんな思いをすることになったのか

なぜ私はこんな思いをしなくてはならないのか・・

 

どうぞ、心の奥にしまっている苦しさを吐露することが

これからの人生をかんがえるスタートになると信じております。

 

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

50〜60代が抱える夫婦問題の苦しみ

カウンセラー菊井ちえ子です

 

50~60代が抱える夫婦問題の苦しみ

私自身も50代半ば・・アラフィフといってましたが、半ばをすぎるとその言葉もだんだん使いにくくなってきますね。(苦笑)

 

クライアントさんのお話を聞いていても、私自身もこの世代特有の苦しみ、悩み、というものをひしひしと感じます。30代はなんとか修復したいと思いながら過ごし、40代に入り、それでも頑張る、そして子育てという大仕事があるがゆえ この子育てが終わる頃には落ち着いていたい、という願い。

 

また、子育てで一生懸命で問題からちょっと目をそらすことができた時代。30~40代は答えを出したくても出せない状況が続きます。だからこそ50〜60代を迎えることには、自分の生き方を見つめ直したい、夫となんとか生きていきたい、または夫とは決別して生き直しをしていきたい。

そう思って過ごしてきた時代があったのに・・

 

いざ、50〜60代を迎えた自分は・・・

 

若い頃と同じように生活に対する不安は消えず

気持ちの不安も何も変わらず・・・

それ以上にがんじがらめの、つながりを感じてどうにも身動きがとれない自分を再確認し・・

また、どうしようもない現実をつきつけられる。

 

夫との距離が縮まるどころか、ますます感じる冷たい空気

 

また、ずっと信じてやってきたのに今になっての裏切りともいえる不倫行為。今になって、この先こんな時間がずっと続くのかと思うと、辛いだけではない、何か自分への情けさなさえ感じてしまうのがこの世代特有の辛さです。

 

どうしようもない現実を抱えながら人は生きています。

このことを痛いほど感じるのが、50~60代の生き方なのかもしれません。(もちろんどの世代にもいえることですが・・・)

 

子育てが済むまでと思っていたら、今度は子供が結婚するまでは、となり 結婚したら孫が生まれ また新たな親戚付き合いがはじまり・・・

いろんな人間関係の渦の中で 自分の意思とは関係なくがんじがらめの環境に居ざるを得ない。

私が望む人生って いったい何だったの?自分の人生の描きかたさえ見えなくなってしまう。

そして、この先自分の人生はこのままなんだろうか・・と押し寄せる恐怖、縮まらない夫婦の距離感。

 

この先、今感じているこの虚しさをずっと感じ続けて生きていくのだろうか・・・・

そんな思いでいっぱいになるのでしょう。

f:id:chie-kiku:20170625113607j:plain

 

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

セックスレスの何が問題なのか・・・

男女の性のことにふれる記事を書きました。

chie-kiku.hatenablog.com

もう少し続きを書きたかったのですが、テーマがずれてきそうだったので、改めて書いています。

 

セックスレス、現代の夫婦の問題点としてよく言われるようになりました。近年になってセックスレスになったというわけではなく、もともとあったかも知れないけど、そんなこと問題にもならなく夫婦なんてそんなもの、と捉えられていた時代もあったからなのでは・・と思えます。

 

ただ、明るみに出なかっただけで、悩みとして夫婦の問題点としてはずっとあったことだったのかもしれません。(程度の差や問題の質の差こそあるかもしれませんが・・・)

 

このセックスレスという現象において、何が問題なのでしょうか・・・そりゃ、夫婦なのに性生活が成り立っていないなんてオカシイでしょと言われる方も多いです。

 

ただ、夫婦問題を見ていて思うこと

それは人によって、性の捉え方に大きな差があるということです。

 

それまでの環境、年代、家庭教育、学校教育、個人のもっている感性、など、個人の価値観が大きく反映されるのも性の問題かもしれません。

 

夫婦の性生活の中で

1.夫が求めているが、妻がyesと言えない

2.妻は応じたいのに、夫が求めてくれない

(妻が求めるが、夫が応じない、とも言えます)

3.夫も妻も求めあいたい

4.夫も妻もそれなりでいい

という組み合わせが成り立ちますが

 

3と4に関しては、(性生活を営む上では)大きな問題にはならないでしょう。流行りの言葉で表現するなら、肉食系夫婦、草食系夫婦、とでもいうことになるのでしょうか・・

 

ただ、1と2のパターンの場合に どちらもが苦しむことになるのです。一般的には、応じてもらえない方が辛いものですが、応じられない、求められない方にも苦しみがあるわけで、ここがこの問題の難しいところでしょう。

 

夫婦の性生活は、子供をもうけることだけではない意味も含まれています。そのことを積極的に強く願うタイプと、それよりも性生活での身体的な辛さやコンプレックスから離れられない人もいます。

それは何よりも、大人になるまでの過ごし方にも多々問題を抱えていることもあるようです。親との関わりや、親の態度にもよるところもあるでしょう。

また、時間の経過とともに現れる身体的な変化へのコンプレックス、ここへのこだわりから性に消極的になる場合もあります。

 

いろんな理由も含めて、辛くて悲しい悩みであることには違いないです。

f:id:chie-kiku:20170606150917j:plain

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

 

”★男性が感じる性行為と女性が感じる性行為の捉え方は違う!”

カウンセラー菊井ちえ子です

 

いとうゆうじカウンセラーは、若い女性の例で男女の性行為に対する捉え方の違いについて書かれています。

 

そして、最後に
「女性の方は、この話を聴いて、ただ若い女性の性問題と捉えないでください。性行為は、体を通して、心と人生が深くつながっていると女性の問題として捉えてください。男性の方は、女性の深い神秘と性行為は繫がっていると感じて、女性の捉え方を変換してください。」と伝えています。

 

そう、夫婦にとっても大切な問題である性行為です。

夫、妻にとってそれがどういう位置付けで、どう捉えているのか、ここからも夫婦のズレが生じてきます。 

ameblo.jp

男性にとって、性処理のごとく扱われる妻

その妻にとっての性行為は、ただの苦痛でしかないと言われます。そして、ふれあいを求める妻と快楽を求める夫。

心の結びつきを求めたい妻、行為として結びつきたい夫・・・

もしかしたら妻と夫が逆転している夫婦もあるかも知れません。

行為を通して妻への愛情を感じたい、そんな夫も存在します。

 

性の問題は、捉え方にそれまでの生き方の価値観が反映されます。オープンにできない問題であるからこそ悩んでしまう。

 

夫の要求が辛いと感じる妻

夫の要求がなくて辛いと感じる妻

妻に断られて傷つく夫

妻に声をかけられない夫

 

それぞれの立場で、様々な悩みと苦しみが生まれています。

生き方の価値観がとても反映する問題だからこそ、夫婦の亀裂の一因でもあり、中でも大きな一因であるのでしょう。

 

f:id:chie-kiku:20170529121859j:plain

 

夫婦の問題としての性だけではなく、不倫問題にはこの性の問題が必ずついてきます。性行為の延長には、女性には命が宿るということがあるのです。

巷で騒がせている芸能ニュースからも、なんとも言えないやるせなさを感じます。

 

だからこそ、男性には(女性だってそうです)ひとりの人間として生き方を問われる問題でもあるのですね。

 

 

 

 

性の問題は重要ですね、という方も、でも、なかなか話せないんですという方もワンクリックの応援宜しくお願いします。

 

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

東京カウンセリング&お茶会のご案内

カウンセラー菊井です。

 

6月より私も東京にての活動をスタートさせていただきます。

東京での拠点も整う状況になりまして、満を持してのご案内になります。

 

カウンセリングもさることながら、まずはカウンセラー菊井ってどんな人なんだろう?とか、ちょっと会ってみたいな、と思われる方と私もまずはお会いしたい、そんな気持ちからのお茶会を開催したいと思っています。

 

夫婦のこと、子育てのこと、カウンセリングまではまだ抵抗あるけど、ちょっと気になるの、という方がいらっしゃいましたらぜひご検討くださいね。

 

また、対面カウンセリングの枠も設けております。カウンセリングを受けてみたいな〜と思われる方ぜひご検討ください。

遠方の方には普段お電話でのカウンセリングを提供していますが、対面ならではの空気感や、安心感をこの機会に感じ取っていただけましたら幸いです。

 

 カウンセラー菊井@東京お茶会 

6月14日 10:30〜12:30 

参加費:3,000円(お茶代不要です)

場所:都内(別途ご案内します)

 

 東京カウンセリング日程 

6/13(火)10:30〜、12:30〜、14:30〜、

6/14(水)14:00〜、16:00〜

6/15(木)  10:30〜、12:30〜、14:30〜、

6/16(金)10:30〜、12:30〜、14:30〜、

カウンセリング料金90分 18,000円

お申し込みフォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/40aca5c6171478

 

f:id:chie-kiku:20170531122418j:plain

 

カウンセラー菊井ちえ子

滋賀から全国で活躍するカウンセラー伊藤裕二氏のカウンセラー育成の1期生となりクライアントの心に寄り添うカウンセリングを学び、2014年よりカウンセリング活動を開始しています。

カウンセリングの学びへのきっかけは、自身の子育てからでしたが、カウンセリング経験を重ねるうちに、夫婦問題・男女の問題が生きて行く上での大きな問題であると感じ、カウンセラーとしてのテーマが夫婦問題・不倫問題へとシフトしていきました。子育てから、夫婦関係まで家庭の問題について幅広くご相談を受けています。安心感と安定感があるカウンセリングを提供中です。

(カウンセリング実績:146面談/2017.5現在)

 

東京での活動が楽しみですという方も、お茶会に興味ありますという方もワンクリックの応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

束縛という名の依存〜夫の深層心理

カウンセラー菊井ちえ子です

 

夫婦が束縛される関係となっている場合、主従関係が生まれ束縛する側が主となり、束縛される側が従となる。

たいていの場合、夫が主となり妻を束縛するパターンが多いものです。

 

夫が妻を束縛しはじめると、行動だけでなく思考までにも至っていきます。全て、夫のいう通りにしてほしい、妻も妻でそうでなくてはいけないと思い込んでいる場合や、そうしていかないと夫婦関係、家庭運営がスムーズにいかないからという理由で我慢しながらも夫にあわせているという場合もあるでしょう。

 

この夫が妻を束縛するということは、男性としての威厳を保ちたいという一面があるでしょう、特に一昔前の男性には多かったかもしれません。・・いや、若い世代でも結構あるかな・・・・

とにかく、女性を思うように采配したい、自分の支配下に置いておきたい、そうすることで自分自身が成り立つ、つまり男性としてのアイデンティティが保たれるのです。

 

それは、自分の思い通りに動いてくれる妻の存在があってはじめて成り立つのです。

 

洋服が出ていないと困る

食事の支度ができていないと困る

自分と一緒に行動してほしい

自分好みの女性で居続けてほしい

自分の思い通りの女性でいてほしい

自分ができないことは全て補ってほしい

 

こんなことを、自分は妻に依存していると自覚している人はまだいいでしょう。

 

問題なのは、自覚がないタイプです。

 

その場合、妻を思い通りにしたい、これを愛情だと錯覚していたり、夫というものは妻を束縛して当たり前と考えていたり、そうすると今度は自分の意見に逆らうことも許さないというところまで進んでしまうこともあり、度を越すと危険ゾーンになってきます。そして、自分の思うように妻が行動しないことが苛立ちと怒りを伴ってくる場合もあります。

 

こういう夫の場合突き詰めていくと、とても大きく妻に依存しているということになります。

夫のいうことを聞いてくれる妻という存在があってはじめて、自分自身が成り立つ、妻の存在なしに夫は存在できない、つまり、それだけ妻に依存しているということに他ならないのです。

 

主従関係の「従」であるいうことを聞いている妻の方が、依存していると思われがちですがその表面的な問題ではなく深いところまで突き詰めていくと、結局は依存しているのは夫の方であった。ということになるのです。

 

妻が、この夫婦関係の構図に気づくことが、この状況から抜け出す第一歩になるのでしょう。

f:id:chie-kiku:20170529121713j:plain

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

それでも私が悪いのですか?〜不倫をしてもかばわれる夫

カウンセラー菊井ちえ子です。

 

夫の不倫を知り、辛い思いをし、それでも大騒ぎすることもなく静かに話し合いをすませ、夫も(一応)謝罪しなんとなく流れる日常に戻った。

 

時々、思い出される嫌な感情を忘れることはない

夫を許したわけでもないし、きっと許せないまま生きていく気がする。

 

どうして、許せない感情がずっと私の心に居座り続けるのか・・・

 

まわりのせいにはしたくないけど、こんな状況になっても夫はかばってもらえる。

寂しかったら

ちょっと悪戯心が出たから

あなたがもっとやさしくしてあげれば

それくらい男の甲斐性

あなたが我慢すれば、それでいいこと

 

夫の両親や身内から、そしてあなたの両親までもが夫をかばう。

なぜ?!こんな状況でも私はがまんしなきゃいけないの?

ますます、募る不信感

日常生活は戻っても晴れない気持ち

 

何ごともなかったように、過ごす夫を姿をみると また腹がたつ。

この繰り返し、なんです。

☆:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:

ある、クライアントさんからのお話です。

 

女性は、生きながらにして、世の中の不条理を引き受ける役割を担っています。独身のときはそれほどでもなくてもそれが結婚するとより強く感じられるものです。

まずは姓を変えるところからはじまり、家事の負担も自然と女性がするものという空気、仕事をセーブしたり、義両親とのつきあい(これを負担ということの問題は別にして・・)そして子育ての負担、何から何までまず女性にかかってきます。

男性は、積極的にかかわろうとしなければ、何事もなく今までと同じように生きていくことは可能なのです。

(稼いだお給料が自由に使えなくなったということはあるかもしれませんが・・・)

 

こんな背景がある中で、不倫後の夫の扱われ方に不条理を感じないわけにはないですね。

 

夫を囲む人間関係、特に親の態度によりあなたの辛さはいつまでたっても癒えないでしょう。

 

そして、「いつまでこだわっているの」「そんなことだから・・」とまた追い討ちをかけられます。そして、何も知らない人からは夫を褒める言葉さえ「真面目なご主人ね」「いつもがんばってらっしゃる」と・・

夫は不倫をしても、まだかばわれる、不倫をした夫は責められることなく、傷ついたあなたが責められる・・・

こんな状況では、夫は罪悪感を感じているのだろうか?

不倫という事実は、一応形としては終わらせたけど、夫婦の溝はより深まってしまったかもしれない。

 

夫婦の修復を目指す時に、不倫をしてしまったという罪悪感が必要なのです。別の意味で邪魔をすることはありますが、それでもこの罪悪感を感じなくては、妻の気持ちに気づけないままなのです。

罪悪感を通して妻の気持ちを感じること、これが大切なのです。罪悪感から自分の気持ちばかりにフォーカスしているうちは、妻の気持ちを感じることはできないでしょう。

 

☆:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:

 

夫の罪悪感を感じさせないように、する両親とのつきあいもストレスになりますね。辛いことだけど男性を囲む背景、現実、のお話です。

 

f:id:chie-kiku:20170514205447j:plain

夫が罪悪感を感じないようにまわりが動いているのが悔しいですという方も、ワンクリックの応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

カウンセリング予約のご案内
080-3785-8711(スマートフォンならそのままかかります)
ご予約はこちら
(メールフォームからお申し込みいただけます)
LINEからもご予約いただけます  LINEID(@irh1055k)を検索してトークからご連絡ください
遠方の方はスカイプカウンセリングもご利用ください
友だち追加
友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。
友達追加してくださってもこちらにはお名前は通知されませんのでお気軽に、追加してくださいね。
夫婦不倫問題カウンセラー 菊井ちえ子