しあわせに生きるために

夫婦カウンセラーのつぶやき〜不倫・夫婦修復・別居・離婚、そして子育てから、生き方まで〜

  

        妻の不倫・夫の浮気〜夫婦再生・修復・離婚・別居に悩むあなたへ
        夫婦の不倫問題、夫が(妻が)信じられない、誰に相談していいのかわからない
        そんなあなたの思いを受け取りながら、落ち着いた存在感と安心感でゆっくり丁寧にカウンセリングをすすめていきます。

不登校を乗り越えるということは?

カウンセラー菊井ちえ子です。

子どもが学校に行けない、なじめない、という日々、どうしたら学校に行けるようになるんだろう、と考えますよね。

ただね、気をつけてほしいこと 忘れないでほしいこと、それは……

不登校を乗り越えた=学校に行けるようになった では、ないんです。

少し行けるようになると、なんとかこのままの状態が続いてほしいと願うものです。そして、これでもうあんな不安な日々はやってきてほしくないという親の気持ち。。。

ただ、子どもは常に親の期待に応えようとしています。そして、親の喜ぶ顔をみて、やっぱり頑張らないといけないんだと思うのです。

だから、なんとか行けるようになっても、心の中は、しんどいまま、ということも少なくありません。いや、見える姿は学校へ向かっていても、心は不安なまま日々を過ごしています。

 

今、辛い表情をしている我が子をみて、この子がどうなってほしいのか、を考えてみてください。

もちろん、親の中には 学校に行けば、なんとかなる 学校には行くものだという
公式があるかも知れません。 でも、それを少し横において我が子の将来を想像してみてください。

本当に乗り越えたというのは 子どもが、自分の意思で自分の将来を描くことが出来ること もっと簡単に言えば、
生きていくチカラを持つこと
自分に自信をもって生きていくこと
幸せな人生を送ってほしい
そんなことじゃないでしょうか


そう考えると、
学校へ行けるようになることを目指しての問題解決が、どれだけ勘違いであるのかということをわかってください。

ただ、元気になってほしい、まずはそこからです、そして、どんな人生を送ってほしいのかというところまで考える大きな視点で捉えることが大切です。

学校へ行けるようになることは、今の子どもの気持ちを十分にわかってあげたその後についてくる副産物です。戻らせるために、行かせるために、と考えているうちは本当に大切なことを見失っていることが多いものです。
もちろん、幸せな人生のために学校へ行くのよ、という意見もあるでしょう・・そこはまた改めて・・・


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

カウンセリング予約のご案内
080-3785-8711(スマートフォンならそのままかかります)
ご予約はこちら
(メールフォームからお申し込みいただけます)
LINEからもご予約いただけます  LINEID(@irh1055k)を検索してトークからご連絡ください
遠方の方はスカイプカウンセリングもご利用ください
友だち追加
友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。
友達追加してくださってもこちらにはお名前は通知されませんのでお気軽に、追加してくださいね。
夫婦不倫問題カウンセラー 菊井ちえ子