しあわせに生きるために

夫婦カウンセラーのつぶやき〜不倫・夫婦修復・別居・離婚、そして子育てから、生き方まで〜

  

        妻の不倫・夫の浮気〜夫婦再生・修復・離婚・別居に悩むあなたへ
        夫婦の不倫問題、夫が(妻が)信じられない、誰に相談していいのかわからない
        そんなあなたの思いを受け取りながら、落ち着いた存在感と安心感でゆっくり丁寧にカウンセリングをすすめていきます。

受容の邪魔をするもの

滋賀カウンセリング・スタイル 菊井ちえ子です

「受容の邪魔をするもの」

受容って、ありのままの相手を受け止めるということ
相手が「受け止めてもらえた」実感してはじめて受容できたというのですね。

ひとは自分目線、自分の価値観での判断をすることがどうしても日常の場面では出てきます。それは当たり前のことかも使れません。でも、大切にしたい相手を心から受け入れるときには相手の心をまるごと受け入れてほしいのです。

そんなときに、自分の価値観を軸にして、正しさ常識というものが邪魔をするんです。

だって、それが常識でしょ
だって、そんなの普通じゃん

当たり前じゃない

こんな口癖や思考ありませんか?

悩んでいる人、理解してほしい人からしたら 常識や正しさなんて、わかっているのです。ただ、そのようにできない自分がいるから悩むのです、理解してほしいのです。

この正しさや、常識は邪魔をするだけではなく悪さもします。
その悪さが 条件付きの受容になるのです。

学校休んでもいいよ、でも朝は起きてね、でも、勉強はしてね、
飲み会にいってもいいけど、家のことちゃんとしろよななどなど・・・

私の許した条件のもとでなら、あなたを受け止めてあげる 

これが条件付きの受容です。

そうなると、今度はどうでしょう
ちゃんと起きたから学校休ませてね
家のこと完璧にするから自由に出かけさせてね。

ここに感情のやりとりがあるでしょうか・・・
相手の気持ちの理解があるでしょうか・・・

条件付きの受容がもたらす怖い一面です。

正しさはどこまでいっても正しいのです
その正しさが弱っている人をさらに追い込むことになるのです。
いったん自分のもってる、常識、疑ってみてもいいかもしれません。

自分が泣き言をいいたいとき、そうかそうかと聴いてもらえることがどんなに励みになることか・・・そんなときに、正しさほど怖いものはないんじゃないでしょうか。。。

{DCA9AA48-1F02-403A-B9CF-B637FB55DF09}

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

カウンセリング予約のご案内
080-3785-8711(スマートフォンならそのままかかります)
ご予約はこちら
(メールフォームからお申し込みいただけます)
LINEからもご予約いただけます  LINEID(@irh1055k)を検索してトークからご連絡ください
遠方の方はスカイプカウンセリングもご利用ください
友だち追加
友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。
友達追加してくださってもこちらにはお名前は通知されませんのでお気軽に、追加してくださいね。
夫婦不倫問題カウンセラー 菊井ちえ子