しあわせに生きるために

夫婦カウンセラーのつぶやき〜不倫・夫婦修復・別居・離婚、そして子育てから、生き方まで〜

  

        妻の不倫・夫の浮気〜夫婦再生・修復・離婚・別居に悩むあなたへ
        夫婦の不倫問題、夫が(妻が)信じられない、誰に相談していいのかわからない
        そんなあなたの思いを受け取りながら、落ち着いた存在感と安心感でゆっくり丁寧にカウンセリングをすすめていきます。

夫が嘘をつく・・・そこには修復の余地があるということ

カウンセラー菊井ちえ子です

 

夫の不倫を疑う、どうも怪しいから確信へ・・絶対、間違いない、次は証拠を・・と思っているとき、そんなときでさえ平気で嘘をつく夫

 

この嘘に、本当に嫌気が差すこともあるでしょう、わかりきってる嘘をつく、或いは苦労してアリバイ工作してても妻にはわかる嘘。嘘とわかればわかるほど、また嫌悪感が増すのも妻の辛さです。

 

でも、どうして夫は嘘をつくのでしょう。不倫相手が好きなら、好きと言えばいいのに!そんなにこの家が嫌なら出て行けばいいのに!と感情は高ぶります。(でも、出て行くと言われるとまた悔しくて腹が立ちますが・・)

 

 

夫として妻に嘘をつくには、理由があります。

もちろん、隠し事である不倫だから嘘をつくのは当たり前

 

じゃあどうして隠したくなるのか・・・

妻と不倫女性と両方失いたくない

バレるまでは、不倫女性との時間を楽しみたい

 

・・・結局、最終的には妻のところに戻りたい、戻るところは妻のところ、という心理があるのでしょう。

隠す、嘘をつくということは、バレない限り続けたい不倫、ということですが、それは裏を返せば、バレたら終わりの関係であるということ。

 

夫が隠し続けている限り、ある意味、夫婦として戻るべき場所はここであるという意識が、気づいているかいないかは別問題として、あるということなのです。

 

でも、それはもう一面ではそれだけ妻に甘えている ということでもあるのです。だからこそ妻は腹が立ちます。どれだけ私に頼って、どこまで自分勝手に甘えているわけ!?と・・・

 

嘘をつく別の理由には、バレた時の責任をとるのが怖い、とてもとれない、という心理もあるでしょう。ここでも甘えが感じられますが、それでもその責任の重大さというものを感じているのも事実だということです。

 

嘘をつくということには、夫として責任をとる怖さや、妻に甘えるという幼児性を伴っていますが、それでも嘘をついてでも現実の世界、生活は妻と夫婦として生きていく、と思っているからこそなのではないでしょうか。

 

この幼児性やズルさに、怒りや腹立ちを妻は感じます。

 

f:id:chie-kiku:20170509141910j:plain

 嘘をつくということから垣間見える夫の幼児性とともに、最終的な居場所を妻に求めているのも感じられます。だからこそ、修復の余地は残されているのです。

 

ただ、その修復は謝罪して家庭に戻るだけでは、修復とはいえない、だからこそ、ここで夫婦としてお互いの意識、妻の存在、夫の存在について、もう一度再構築して行く必要があるのでしょう。

 

 そのためのお手伝いを私たちカウンセラーができるのであればうれしいことだと思っております。

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

カウンセリング予約のご案内
080-3785-8711(スマートフォンならそのままかかります)
ご予約はこちら
(メールフォームからお申し込みいただけます)
LINEからもご予約いただけます  LINEID(@irh1055k)を検索してトークからご連絡ください
遠方の方はスカイプカウンセリングもご利用ください
友だち追加
友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。
友達追加してくださってもこちらにはお名前は通知されませんのでお気軽に、追加してくださいね。
夫婦不倫問題カウンセラー 菊井ちえ子