しあわせに生きるために

夫婦カウンセラーのつぶやき〜不倫・夫婦修復・別居・離婚、そして子育てから、生き方まで〜

  

        妻の不倫・夫の浮気〜夫婦再生・修復・離婚・別居に悩むあなたへ
        夫婦の不倫問題、夫が(妻が)信じられない、誰に相談していいのかわからない
        そんなあなたの思いを受け取りながら、落ち着いた存在感と安心感でゆっくり丁寧にカウンセリングをすすめていきます。

妻を罵りたい、毒を吐きたい苦しい気持ち

カウンセラー菊井ちえ子です

 

苦しい毎日、誰にも言えない・・・

いっそこの思いを吐き出したいでも、吐き出すと 毒吐きになってしまう

 

毒を吐きたい時、思いっきり吐いてください

そんなことみっともない、そんなふうに思いますか?男性は弱音を吐くことへの抵抗が強いでしょう でも、その苦しい思いや、妻を罵倒したいほどの思い 吐き出さないままでは、気持ちがそこからはなれません。

 

傷ができたとき、かさぶたができるまでには 膿がでることもあります、そうやって傷は癒えていくのです。傷が大きかったり深かったりすればするほど、その膿の量は多いはずです。

心だって同じこと、心に受けた傷をかさぶたが覆ってくれるまでには相当の膿がでるはずです。

 

だから、いいんです。

大切だと思ってた妻のことを、こんなふうに思う自分がいる、こんな言葉で罵る自分がいる。そんな膿をどこかに吐き出さないではいられないのです。

 

人の心は、吐き出すことでまた新たな気持ちが生まれたり キャパがひろがることになります。妻の気持ちを知ってみましょう、となんども伝えてますが そのためにも一度自分の心の中にかんがえるスペースを作り出さないといけません。

心の中にある ドロドロした思い 悔しい思い 腹立たしい思いを吐き出してください。

 

心許せる友人でもいいですし、誰にも言えない時は、ひとりで車の中で叫んだっていいのです ブログにして書き綴られる方もいますね。

 

ただ、この誰に聴いてもらうかがとても大きな問題になります

心の叫びを吐きだしているときに スポンジのように受け止めてもらえると その思いはどんどん吸収されていきます。でも、火に油を注ぐように、焚きつけるように受け止められると、心の叫びはどんどん大きく増幅されてしまいます。

 

だからこそ、誰に聴いてもらうかはとても大切な問題です。

あなたの言葉をさえぎらず、溢れるままに受け止めてもらえるそんな存在がカウンセラーであると思っています。

 

誰にもいえず苦しかったですいう方も、誰かにいっても収まらない理由がわかりましたという方もワンクリックの応援宜しくお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

カウンセリング予約のご案内
080-3785-8711(スマートフォンならそのままかかります)
ご予約はこちら
(メールフォームからお申し込みいただけます)
LINEからもご予約いただけます  LINEID(@irh1055k)を検索してトークからご連絡ください
遠方の方はスカイプカウンセリングもご利用ください
友だち追加
友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。
友達追加してくださってもこちらにはお名前は通知されませんのでお気軽に、追加してくださいね。
夫婦不倫問題カウンセラー 菊井ちえ子