読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせに生きるために

夫婦カウンセラーのつぶやき〜不倫・夫婦修復・別居・離婚、そして子育てから、生き方まで〜

  

        妻の不倫・夫の浮気〜夫婦再生・修復・離婚・別居に悩むあなたへ
        夫婦の不倫問題、夫が(妻が)信じられない、誰に相談していいのかわからない
        そんなあなたの思いを受け取りながら、落ち着いた存在感と安心感でゆっくり丁寧にカウンセリングをすすめていきます。

いつから謝らなくなったんだろう、夫のこぼしたひと言

カウンセラー菊井ちえ子です

 

いつから謝らなくなったんだろう、もしかしたら、いつから謝れなくなったんだろう、かもしれないですが・・

 

ある既婚男性からのお話です

 

幸せになるために結婚したのに、なんだったんだろう・・

特別に大きな問題が起きているわけではないんです でも、妻との関係にスキマ風が吹いています。

 

別れるとか、そんなでもないです。

別れることは現実的に考えられない、それゆえこの小さな距離感、気持ちのズレが自分の心の中に重くのしかかります。

 

どうしても気になるのが、こんな小さなことでと笑われそうですが、と続けられます。

 

いつからかな・・・妻が謝らなくなったんです。

昔は、「ごめんなさい」という言葉があったけど、今はその代わりに「私だって、忙しかったのよ」と出てくるのは必ず「私だって」からはじまるのです。

 

最初は、「なんだよ!」と思ってたのが、そのうちもういいや、と諦めになってしまって、怒りもわかない分 なんとも言えない虚しさで最近はいっぱいなんです。

 

こんな小さな気持ちのズレ、もしかしたら妻は気持ちがズレているとは気づかずにいるかも知れません。

 

今回は、夫側からのお話でしたが、立場が入れ替わっても同じでしょう。

 

 

結婚生活においてお互いの気持ちを尊重しながら過ごしていくことが必要な場面で、パートナーが私のことしか見えてないと、こんなズレが生まれてくるのです。

 

私を大切に生きることがとても大事なことなのですが、それと同じだけパートナーの気持ちを汲むことも大切なのです。

気持ちを汲んでもらえないパートナーは、いつも自分の気持ちを抑えこんでしまいます。そして、言葉を飲み込んでしまう方が自分の中に抑えこんだ我慢する気持ちをどんどん溜め込んでいくのです。

 

日々の小さな積み重ねが、どんどん大きな地雷となってしまう。

「私だって」と言う方も確かに精一杯の日々を暮らしている、どうしてこうなってしまうのでしょう。

 

謝らなくなったのか、謝れなくなったのか・・・謝るという表面的な出来事ではありますが、その奥深さに悲しみもたくさん感じてしまいます。小さな幸せの積み重ねが大きな幸せにつながるのと同じように、小さな不満は、のちの大きな不満へとつながっていくのです。

 

幸せになるために結婚するのに、どうしてこうなるのか・・・

だからこそ、結婚生活とは、幸せとは、一生かけて人生を学ぶことそのものなのかも知れないですね。

f:id:chie-kiku:20170421092955j:plain

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

カウンセリング予約のご案内
080-3785-8711(スマートフォンならそのままかかります)
ご予約はこちら
(メールフォームからお申し込みいただけます)
LINEからもご予約いただけます  LINEID(@irh1055k)を検索してトークからご連絡ください
遠方の方はスカイプカウンセリングもご利用ください
友だち追加
友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。
友達追加してくださってもこちらにはお名前は通知されませんのでお気軽に、追加してくださいね。
夫婦不倫問題カウンセラー 菊井ちえ子